ブログ

20アルファード フルカスタム キャリパー加工取付編

キャリパー加工のお話。

当初の計画ではブレーキまでは手を出さないつもりでしたが、一気にやってしまいましょうとの事で。。。

で、で、ですが、ブレーキの逃げはココまでデカいキャリパー投入を検討していなかったので、

8POT 400Φローターです。

DSC_1113やっぱりHIT!

予定通り?w

スペーサー入れれば逃げるけど、入れません!

 

DSC_1110必殺技キャリパーフライス加工です。

この設備、パノラマクラフトのお隣さんです!w

社長であり同級生のH氏が熟練の技でササッと仕上げてくれました!

DSC_1144高速回転でキャリパーの表面を削いで行きます。
DSC_1136切削面のフラットを出すのにいつにも増して真剣なH氏。
DSC_1124 さすが!良い仕事してくれます!

クリアランス1mm!かわしました。

DSC_1201DSC_1309ここからはまたうちの仕事!キャリパーペイントに入ります。DSC_1330じゃジャーッン!

純正同色ホワイトキャリパー

しかもオーナーさんのご要望にて、恥ずかしながらパノラマロゴキャリパー特注スペシャルでw

どどんと投入!

ちょこんとブレンボロゴも入ってます。w

DSC_1338表面はせっかくフライス加工したので、ヘアライン仕上げしてクリヤーコートしてあります。

ホワイト単色ですと膨張して見えますが、金属素地のメタル感が入る事によりググッと引き締まって見えますね。DSC_1366

かなりマニアックな作業ですが、パノラマクラフトはワンオフ制作大好きなので、ぜひご相談くださいね。

さて次回はボディ編です!