ブログ

コンピューター診断機

大活躍してくれているコンピュータ診断機

今のクルマはちょっとコネクター外してイグニッションを回しただけでエラーコードが学習されます。

メーターには表示されていなくてもしっかり履歴に残っているのです。
DSC_1235 特にBMWをはじめ、欧州車はMOST(光)ケーブルを使って車両の電装品を管理しているので

MOSTラインが遮断されるとかなり多くのエラーコードが発生します。

ドア交換をしただけのBMW X3 

DSC_1053 完成して全ての部品を装着して診断機をあてると。。

これだけのエラーが発生しています。 でもメーターパネル等へのエラー表示はなく

コンピュータ上に記憶されているので 診断機にかけないと見る事も消す事もできませんIMG_0317

しっかりとエラーコードを消去し、システム正常状態での納車です。

DSC_1241

欧州車だけでなく、国産車でもこのようなエラーはすぐ出ますので

パノラマクラフトでは入庫時と出庫時にコンピュータ診断機にかけて、全ての不具合を綺麗に無くしてからの納車になります。

全国産メーカーはもちろんBMW,AUDI,VW,M-BENZ等の欧州メーカーにも幅広く対応しています。

DSC_1242

そんなこんなでX3はコーティングも施工して完成です。

DSC_1230 DSC_1234