ブログ

カーボン / スバル BRZ

新品のカーボンパーツ

綺麗なんですが、 装着の前の一手間。 

クリヤーを入れてあげましょう。 

DSC_0048

ウェットカーボンの場合、樹脂をポリッシュされた状態での商品が多く

購入時はピカピカテカテカで綺麗なんですが、 

年月が経つとツヤ退け表面ガサガサ

そんな残念なカーボンパーツを装着されているクルマ たまにいますよね。

それは、紫外線による樹脂の劣化です。 この樹脂が非常に紫外線に弱く ボンネットのようにエンジンの熱が直にあたる部分なんかは 劣化がかなり早いです

それを予防するために、 カーボンパーツを買ったらクリヤー塗装をしましょう!

UVカットの効果もありますし 何と言ってもカーボンに深みが出ます。

 

5

 

塗って研いでを何度も繰り返し、カーボン目の段差を埋めて表面ツルッ!ヌメッ!

DSC_0886

 

めちゃくちゃ大変な作業ですが、やはり仕上がりは違います。

DSC_0901

 

でもって本題の スバル BRZ  ROWENリヤウイングのお取り付け

FRP部分はキチッと面だし、巣穴処理

DSC_0046

 

フィッティングの確認をしてからボディ穴あけ!

DSC_0005

 

裏側にも固定ボルトのサービスホールを片側3か所ずつ開けます

DSC_0007

 

でもって完成!

 

塗装の写真撮り忘れました。。。

 

DSC_0017

現車のボディカラーに合わせて調色しカーボンはクリヤー塗装済み!

 

DSC_0026

BRZ / 86 かっこいいですね〜! 綺麗なブル〜DSC_0015

ウイングもいいアクセントになっております! 

カーボンパーツ 一手間加えると違いますよ〜DSC_0007

 

エアロパーツの取り付けお任せください!

 

それでは!