PanotamaCraft

Blogブログ

Race Chip 取扱開始とキャンペーン

2016.07.24 ブログ

Race Chip(レースチップ)について詳しく書こうと思います。

デモカーに装着しいろいろと検証、テストを行ったのでオススメしたいと思います!

 

 レースチップって何? って思っている方も、最後には少し興味が湧くかもしれませんよ♪

少々長いですがお付き合いくださいね^ ^ 
まず、Race Chip(レースチップ)社とはドイツに本社を置く

ブーストアップチューニングモジュール

を製造するメーカーです。

分かりやすく簡単に説明させていただきますと

ターボ(過給機)搭載車の過給圧のことをブーストと呼びます。

その過給圧というのは、高ければ高いほど高出力が得られるのですが、あまりに上げてしまうとエンジンが悲鳴をあげてトラブルになってしまいます。

その為、各メーカー 過給圧は実際に耐えられる圧よりもグーンと下げた値で設定されています。

他にも、速度無制限のアウトバーンがあるドイツと最高速度100㎞の日本では走り方に大きな差がありますね、国によって各メーカーセッティング幅を設ける為にも、ブースト圧には余裕をもっています。

じゃあブースト圧をギリギリまで上げようよ!って思う方もいるかもしれませんが、ノーマルエンジン、ノーマルタービンにそんな圧力を掛けたら前述した通りエンジンが悲鳴をあげて故障してしまいます。

それ以上を求めるユーザーはチューニングの世界に入るわけです! 

ただ、そこまで本格的なチューニングは必要ないけど金額的にももっと手軽にパワーアップして速くしたい! と思う人はたくさんいるかと思います。

そこで、出てくるのが

Race Chip(レースチップ)!!!

ブースト圧自体は純正タービン、ノーマルエンジンでも全然耐えられる範囲内での車種別設計!

対応車種も幅広く、欧州車を始め、国産普通車、軽自動車も ターボ搭載車ならかなり幅広いラインナップで取り揃えております。

そして、ガソリンエンジン以外にも、ディーゼル用も設定があります! 

こちらは燃圧を上げて馬力を稼ぐものとなっておりますので最近のクリーンディーゼルエンジン車にも是非ともオススメしたい商品です。

【燃費の向上】

残念ながら、日本国内での燃費テストでのデータではありませんがドイツ国内のテスト結果だと燃費向上に効果があるとの結果が出ております。 

パワーアップして何故燃費が良くなるの? 

と思う方もいると思いますが、パワーアップすると今までよりもアクセルを踏まなくても目標速度まで達する事ができるので、燃費が向上するのです

だかしかしっ!!! 

こんな楽しいものつけてアクセル踏まないなんてもったいない!笑

めちゃくちゃ踏みたくなるくらいパワーアップするんですよこれが!^ ^ 

 

デモ車のBMW MINI  R56 クーパーSには 

レースチップ アルティメイト

レースチップスロットルレスポンスコントローラー(アクセル感度調整)

を取り付け!

装着した感想から言うと

『スロットルコントローラーも一緒につけて良かった』という感じです。

まず、ノーマルのクーパーS自体『こんなに早いの!?』ってびっくりされるポテンシャルを持っているのですが、

それにレースチップを投入すると・・・ 

もう暴力的な加速です。。。

車体が軽いので尚更体感できます。 

スロットルコントローラーをMAXになんかしたら、もう暴れん坊です。タイヤ変えよう

私自身2ストモトクロスバイクで遊んでいるのですが、ブーストがかかった時のドカン!はパワーバンドに入った2ストバイクに近いものがあります。 

ただうちのMINIは妻も乗ることがあるのでその時はスロットルコントローラーをエコモードにします。

すると、アクセル感度が鈍ることにより非常に乗りやすくなるのです。 

妻も 『前より乗りやすくなったね』と!

 

今の車はコンピュータ制御ばかりですが、そこをうまく利用して安全範囲内でパワーアップさせる指令を出すパーツを開発するのは並大抵のことではありません。 純正コンピュータの解析から始まり実車テストまで数多くのハードルをクリアして対応車種が豊富な レースチップ さすがです!

 

当社取り付けの流れ

コンピュータ診断機にて装着前に不具合(フォルト)が無いか確認します。

取り付け(車種によりバンパーやその他付属品を外す必要があります)

スパークプラグ・イグニッションコイル点検・必要に応じて交換

テスト走行

再度コンピュータ診断機にてフォルトチェック 

完成 納車

 

・パノラマクラフトではレースチップ装着時にスパークプラグの同時交換を推奨いたします。劣化状態のプラグを使用することで失火、息継ぎの症状が起こり、本来の性能を全く発揮できずチェックランプが点灯することがあります。 

デモカーMINIで症状検証済みでスパークプラグ交換で全くエラーも失火もしなくなりました。

スパークプラグは定期的に交換することでエンジン本来の性能を維持し、寿命も伸ばします。

ですのでこの機会にぜひ交換をお勧めします!

オォ、なんか宣伝っぽい!w

 

パノラマクラフトはレースチップ認定プロショップです!

レースチップラインナップに対応できる車種別コンピュータ診断機保有!

アフターフォローはバッチリです!

 

気になるラインナップはこちら!

 

RaceChip GTS Black (レースチップ GTS Black)

RaceChip GTS (レースチップ GTS)

RaceChip RS (レースチップ RS)

RaceChip S (レースチップ S)

RaceChip XLR (スロットルコントローラー)

 

気になりましたか? そんなあなたは

メール info@panoramacraft.com

電話 0439-73-0093

レースチップの件!と、ご連絡下さいね

カタログもございますので

ぜひ!